関西縄文カフェ・ブログ

関西縄文文化研究会からのお知らせを掲載しています。

関西縄文文化研究会 9月例会

1983年度、埋蔵文化財天理教調査団によって発掘調査された奈良県天理市布留遺跡堂垣内地区の遺構出土、縄文土器(中期末~後期前葉)の資料見学会です。学史的な「天理式」の標式資料となった1939年調査トレンチに重複し、竪穴建物などが検出されています。整理作業にたずさわる布留遺跡検討会縄文部会のメンバーによる研究発表もおこないます。

f:id:Kansai_Jomon_Cafe:20190820134923j:plain

研究会:申し込み不要  懇親会:要申し込み

近江貝塚研究会 第311回例会

近江貝塚研究会 第311回例会

  特集〈基盤としての構造/現象としての型式〉


日時:2019年9月21日(土)
    午後1:30~午後6:00〈研究報告60分+質疑応答60分〉×2本
場所:滋賀県埋蔵文化財センター 2階研修室    

http://shiga-bunkazai.jp/%e5%88%a9%e7%94%a8%e6%a1%88%e5%86%85/

JR瀬田駅発 滋賀医大(大学病院)行きバス 「文化ゾーン前」下車徒歩5分 
(帝産バス12:45発 もしくは 近江バス13:10発の乗車がおススメです。)

報告1:長田友也さん|中部大学非常勤講師
    土偶の多様性-東海縄文後期・今朝平タイプ土偶を中心に-
〈要旨〉縄文時代の精神文化を代表する儀器である土偶については、その型式学的研究の進展により、多くの土偶型式・系統が提示されてきた。これは土偶解釈の前提としても重要な視点であり、特に一元的にとらえられてきた土偶の機能・用途についても再検討を促すものと考えられる。そうした視点の下、東海縄文後期にみられる今朝平タイプ土偶から、土偶の多様性について検討するものである。

報告2:大石雅興さん|同志社大学大学院
    A「有孔鍔付土器の型式学的研究ー八ヶ岳西南麓出土資料を中心にー」
    B「近畿・中国地方における縄文時代早期末葉~前期初頭土器研究の現状と課題ー宮ノ下式土器の再検討からー」
〈要旨〉A:縄文時代中期の東日本に広く分布する有孔鍔付土器は古くから機能・用途論を中心に研究が進められてきた。しかしその反面、型式学的検討が立ち遅れており、実証的な分類・変遷研究を行った例は少ない。本発表ではそういった有孔鍔付土器を諸属性より型式学的に分類し、層位学的な検証を行うことで、他地域に比べ出土数の多い八ヶ岳南麓域出土の有孔鍔付土器の変遷を検討する。
 B:近畿・中国地方において早期末葉~前期初頭の土器様相については多くの研究が行われてきた。しかし、未だ結論が出ない部分も多く、まだまだ検討の余地が残されている。本発表ではそういった研究における現状と課題を、近畿地方北部における縄文早期研究の出発点とも言える宮ノ下式の再検討を通じて整理し、当該期の土器群を再評価する。
 ※ 9月例会の報告2は例外的な措置として2本立てとなりました。ご了解ください。

◆4つのお願い
1. PDFのご掲示や、ご興味のありそうな方への転送・拡散にお力添えいただけますと幸いです。
2.懇親会(JR大津駅前「養老の滝」/会費 社会人3000円前後、学生さん優待価格2000円前後)もあります。
  親交拡大にご活用下さい。
3.災害やインフルエンザ等の流行などに伴い、急遽中止になることもあります。
  怪しいときはお手数ですが、必ず瀬口携帯090-1441-5104やブログhttp://koukogaku.blog.jp/でご確認下さい。

f:id:Kansai_Jomon_Cafe:20190818213134j:plain

近江貝塚研究会 第311回例会

 

 

超長期的視点から見た人口・環境・社会

立命館グローバル・イノベーション研究機構(R-GIRO)シンポジウム

超長期的視点から見た人口・環境・社会

日時:2019年8月2日(金) 13:00-17:00
       8月3日(土) 10:30-16:05

定員:各日先着80名

会場:立命館大学衣笠キャンパス図書館カンファレンスルーム

 

f:id:Kansai_Jomon_Cafe:20190716211801j:plain

R-GIRO シンポジウム チラシ(修正)


 

三重県 四辻遺跡発掘調査現地説明会

 三重県埋蔵文化財センターでは、東海環状自動車道建設事業に伴い、平成27年度から、いなべ市北勢町向平(むこひら)にある四辻遺跡(よつつじいせき)の発掘調査を行っています。今年度の調査は第4次調査となります。今回の調査では縄文時代早期(8,000から10,000年前)の竪穴建物2棟を確認しました。
 また、これまでの調査でもみつかっている江戸時代の土地開発に伴う溝も2か所確認しました。
 この成果を広くみなさまに知っていただくために、下記のとおり現地説明会を開催いたします。


1 日時 令和元年7月6日(土曜)午前10時から午前11時まで

2 場所 四辻遺跡発掘調査現場(いなべ市北勢町向平)
  ※自家用車の場合
   国道306号「瀬木」交差点を北進し、県道157号(川原北勢インター線)を直進、県道607号
  (畑毛本郷線)へ右折し、2本目の交差点を左折すると発掘調査現場です。(当日は黄色ののぼり旗を
   目印にしてください。)
  ※公共交通機関の場合
   三岐鉄道北勢線阿下喜駅より北西へ向かい、阿下喜交差点を北進。県道25号(南濃北勢線)を直進
   して向平橋を西へ渡る。徒歩約1時間(約4km)。

3 説明者 三重県埋蔵文化財センター職員

4 参加方法 どなたでも参加できます。直接会場にお越しください(事前申込不要)。

5 調査の概要
   四辻遺跡は、いなべ市北勢町向平に所在します。
   今回の調査で、縄文時代早期(約8,000から10,000年前)の竪穴建物が2棟みつかりました。いな
  べ市内でこの時期の竪穴建物がみつかるのは、これが初めてです。竪穴建物はどちらも長さ約5m、幅
  約3mの楕円形です。
   また竪穴建物などから、縄文土器が出土しました。縄文土器は、県内の縄文時代早期の遺跡でよく
  みられる押型文(おしがたもん)土器で、斜めの格子目状のものや楕円形・細長い楕円形などの文様が
  施されています。
   その他、これまでの調査でも確認されている江戸時代後期(約200年前)の土地開発に伴う溝の
  一部が2か所でみつかりました。これらの溝から遺物は出土しませんでしたが、溝の方向や位置関係
  から、この時期の溝であると判断しました。
   今回の現地説明会では、みつかった遺構・遺物を現地で直にご覧いただくことができます。
  ぜひこの機会にお越しいただければと思います。

6 その他
(1)小雨決行。ただし、激しい降雨の場合は中止します。
    なお、当日の午前9時00分時点でいなべ市暴風警報・大雨特別警報・暴風特別警報が発表
   されている場合も中止します。
(2)連絡先
   三重県埋蔵文化財センター 調査研究4課 松永達也
   三重県埋蔵文化財センターいなべ整理所 0594-72-8955
   公用携帯(当日)080-3677-5931

三重県HP ↓

三重県|縄文時代早期の竪穴建物を発見! 四辻遺跡(いなべ市北勢町)で発掘調査現地説明会を開催します

関西縄文文化研究会 7月例会

日時:2019年7月20日(土) 13:00~17:00

会場:立命館大学衣笠キャンパス啓明館1階学芸員課程実習室
     京都市北区等持院北町56-1
     場所はこちら⇒http://www.ritsumei.ac.jp/campusmap/kinugasa/

13:00~14:15
 大塚達朗(南山大学)橿原式紋様にかかわる研究動向

14:15~14:45
 小野大輔・山中俊樹・矢野健一(立命館大学米原市杉沢遺跡の後晩期の土器

14:45~16:00
 米原市杉沢遺跡出土後晩期の土器見学

16:00~17:00
 討論

 

終了後、懇親会にご参加ください!ご希望の方は下記まで予約お願いします。

次回は9月21日(土)開催予定です

 

ご予約・お問い合わせ kyt21175@lt.ritsumei.ac.jp 矢野

 

f:id:Kansai_Jomon_Cafe:20190621215312j:plain

関西縄文文化研究会 7月例会案内

 

東海縄文研究会・第8回例会 東海からみた後期前葉土器群

東海からみた後期前葉土器群
日 時  2019年8月31日(土) 13:00~9月1日(日)16:00(随時解散)

会 場  京都大学大学院文学研究科 第7講義室(研究発表会場)
京都大学文学研究科附属文化遺産学・人文知連携センター(資料見学会会場)

主 催  東海縄文研究会(代表 大塚達朗) 

共 催  京都大学大学院文学研究科附属文化遺産学・人文知連携センター

目 的  例会テーマ「東海からみた後期前葉土器群」の2回目にあたる本例会では、関東地方の最新の編年研究とともに、東海地方の西に隣接する近畿地方における当該期の様相を整理する研究発表をおこなう。京都大学が所蔵する北白川上層式関連資料の見学会も開催します。

参加費  1,000円(予稿集・資料集代)

内 容
8月31日(土)
資料見学会(文化遺産学・人文知連携センター[本部構内総合研究2号館])11:00~12:30(随時)
受付開始(文学研究科第7講義室)   12:30分~
研究発表会(文学研究科第7講義室) 座長:冨井眞(京都大学
開会挨拶  13:00~13:05 吉井秀夫(京都大学
趣旨説明  13:05~13:15 大塚達朗(東海縄文研究会)
研究発表1 13:15~14:45 加納 実(千葉市立加曽利貝塚博物館)
              「堀之内1式土器研究の現状―千葉県域資料を中心に―」
              コメント 小澤政彦(千葉県教育委員会)、質疑応答
休 憩   14:45~15:00
研究発表2 15:00~15:45 森本隆寛(東海縄文研究会)
              「愛知県豊田市今朝平遺跡出土の後期前葉土器群について」
研究発表3 15:45~16:45  千葉 豊(京都大学
              「北白川上層式土器研究の現状と課題」
事務連絡 16:45~17:00
情報交換会(懇親会)  17:30~19:30  会場未定(百万遍周辺)

9月1日(日)
研究発表会(文学研究科第7講義室) 座長:長田友也(中部大学)
 研究発表4  9:00~10:30 小泉翔太(大阪府教育委員会
               「北白川上層式の様式構造-京大植物園遺跡の再整理から-」
               コメント 福永将太(九州大学文学部)、質疑応答
 研究発表5 10:30~11:45 高野紗奈江(京都大学大学院)
               「広域に分布する堀之内系土器の実態―近畿地方を中心に―」
               コメント 川添和暁(愛知県埋蔵文化財センター)、質疑応答
 閉会挨拶  11:45~11:50  未定
資料見学会(文化遺産学・人文知連携センター)  13:00~16:00(随時)
見学資料:北白川追分町遺跡など京大構内遺跡、北白川小倉町遺跡、一乗寺向畑町遺跡

《お申込み》①ご氏名、②住所またはE-mailアドレス、③参加内容(31日研究発表・懇親会、1日土器見学会)を記載の上、下記までmailにてお申込み下さい。お問い合わせもこちらに。
E-mail:tokai.joumonken@live.jp

 

f:id:Kansai_Jomon_Cafe:20190608092204j:plain

東海縄文研究会・第8回例会



 

近江貝塚研究会 第 308 回例会のご案内 → 終了

特集:型式の正体 2

●日時: 2019 年6月 29 日(土) 午後 1 30 ~午後 6 00
〈研究報告60 分+質疑応答 60 分〉×2本
●場所: 滋賀県埋蔵文化財センター 2階研修室 アクセスは
JR瀬田駅発 滋賀医大(大学病院)行きバス 「文化ゾーン前」下車徒歩 5 分
(帝産バス12:45 発 もしくは 近江バス 13 10 発の乗車がおススメです。

●報告1:川上 晃生さん|京都府埋蔵文化財調査研究センター
琉球列島における弥生時代並行期の土器様相―「弥生系土器」を中心に―
(要旨)
琉球列島の地域区分は考古学的に南島北部圏 大隅諸島 ・南島中部圏 奄美沖縄諸島 ・南島南部圏 宮古八重山諸島 に区分される。「南海産貝輪交易」が開始される弥生時代並行期の南島南部圏を除く地域では、交易に伴って搬入された南部九州の弥生土器
州系弥生土器沖縄諸島を中心に分布する無文尖底系土器 貝塚後期系 、九州系弥生土器の影響を受け、その器形を模倣した在地生産の沈線文脚台系土器 弥生系土器 が時期的、地域的差異はあるものの確認されている。本発表では、主に奄美諸島を中心に認められる「弥生系土器」に焦点を当て、上記圏内の土器型式と比較し、その様相について整理する。

●報告2: 河本 純一さん|大阪府文化財センター
縄文土器における材料選択の特殊性とその背景
(要旨)
縄文土器には、植物質や破砕土器片・火山ガラスなど特定の混和材が広域に使われる現象がしばしば見られる。ときに文様は違えていても同じ混和材を用いており、土器製作
流儀の一部を共有していることが伺える事例もある。そこで、何故このような現象が生じるのかを探る作業を通じて、混和材という視点からいかに当時の地域間交流の有り方を復元できるかを検討する。

・毎回の例会情報はブログ( http://koukogaku.blog.jp/ )掲載中
・お知り合いは人生の宝物。懇親会( JR 大津駅前「養老の滝」/会費社会人 3000 円前後、学生さん優待価格 2000 円前後)もあります。
・インフルエンザ等の流行など に伴い、急遽中止になることもあり 。怪しいときは090 1441 5104 事務局 携帯) かブログでご確認下さい 。